加美の葬儀屋さん日記

はやくも4月。新年度が始まりました。
昨日、仏壇を仕入に東京へ展示会に行ってまいりました。
春休みと言うこともあり、娘も同行です。
東京ミットタウンまで足を運んだついでに東京都内を散策してきました。



町中リクルートスーツを纏った新人社員さんだらけで初々しい感じ。人材不足の弊社にしてみれば、スカウトしたくなる気分でした。
東京は娘のほうが詳しく、「電車や地下鉄を使わなくても歩きで行けるよ!」と。
そうですか・・・
行ってみるとその通りです
喫煙所があると「ここで吸わないとしばらくないよ!」と娘を連れていくと言うより私の世話役で同行してもらっているようでした(笑)
2日目はお決まりのお台場へ
娘の成長と共に行く店も変わってきて買い物も違ってきました。



将来はやりたいことがあって今はその道に進むと言っておりますが、会社のことも気にかけているようです。
展示会も4回目。最近は業者の方とも慣れてきたみたいです。「2代目!」と言われ名刺を渡されても嫌な顔をしなくなってきたので親父は少し安心しております。
私も好きな道を歩んでいる最中。娘も好きな道へしっかり進んでほしいと願う今日この頃です。
HH

加美の葬儀屋さん日記

早いもので今日は東日本大震災から13年。
忘れもしないあの時の惨劇、不自由さ。娘は2歳の時でした。
あの時、娘と二人で買い物をしているさなかでしたが、記憶にないそうです。
その娘も今年はお受験。本当に時の流れの早さに驚きます。
今日は心静かに黙とうを捧げます。どうか安らかに・・・
そして生かされた私たちも精一杯頑張りましょう。










加美の葬儀屋さん日記

真冬に逆戻りの昨日と今日、重い雪でワイパーも効かず運転も危なくて営業車も乗りたくないKです。
昨日はTさんの四十九法要のお手伝いで宮崎方面に行きました。途中ホワイトアウトで対向車が真向かいに来ないと見えないほどでした。



会社のある中新田は大したことなかったのですが、嫌な予感がしたので暇そうにしていた社長に運転をお願いし出発しました。(笑)
そもそも出社した社長の車を見ただけで、あっち方面はヤバい!と感じました。
本堂で法要を済ませ、墓地へ移動し法名碑に開眼供養です。
もう息もできないほどの吹雪天候で傘も役立たず、でも和尚様には法衣が真っ白になる中、丁寧にお経を唱えていただきました。
最悪の天候の中、ご家族ご親戚の方には「忘れられない四十九日になった。本当にありがとうございました」と感謝されて嬉しかったです。
社長に聞くと、毎年12月あたりから4月いっぱいは納骨もできないほど雪がふるのだとか・・・
今年は本当に雪が少ないとおっしゃってました。
命日から四十九日までってあっという間ですね。私も今月で入社して1年になります。和尚様にもお客様にも顔と名前をおぼえていただきやりがいも感じるようになりました。私も知る一周忌のお客様からもご予約をいただいているので、一人でお世話できるよう頑張りたいと思います。
まだまだ油断できない気候です。手洗いうがいは徹底して参ります。皆様も健康管理に気をつけてください。
K






加美の葬儀屋さん日記

今年は雪も少なく除雪機を倉庫に片付けようかと思っている今日この頃です。
ご報告です。
先日の内覧会でご協力いただきました「義援金」ですが、2月6日に加美町保健福祉課様へ「181,543円」届けました。
加美町から日本赤十字社へつなげてもらい、令和6年能登半島地震災害義援金として寄付されます。
本当に沢山のお気持ち有難うございました。

話は変わり
先日、いつもお世話になっている大栄株式会社のつづろゆうこ先生にお越しいただき勉強会をしました。
私たちは「宮城県葬祭業協同組合お葬式相談員」の資格講習を受けており、その際つづろ先生には講義を賜っておりますが、今回はガチガチのプライベート勉強会です。




お辞儀の基本確認や第一印象、言葉使い、容姿、など徹底的に講習を受けました。
長らくこの仕事をしているとマンネリ化していて、普段のダメダメさが恥ずかしくなりました。
言葉の受け応えひとつを取っても、今まで気にもしていなかったけど何をしていたんだろう?と反省しました。
今年は「お葬式相談員」の資格を取るいちばん若いKも真面目に話を聞いていて、他のスタッフも勉強会の後は姿勢も形も変化したと思います。

昔と違い、今は「カスハラ」と言われる問題も増えてくると思います。
お客様に変な誤解をされないよう言葉使いや姿勢態度も気をつけて業務に徹したいと思います。
本当に勉強になりました。つづろ先生ありがとうございました。
また別の課題で講習をお願いいたします。
AO


加美の葬儀屋さん日記

こんにちは
先日1月28日(日)に「新会館 そう送館倖心別邸」オープン記念内覧会を開催しました。
合わせて能登半島地震義援チャリティー募金もお願いし、約200名のお客様にお越しいただきました。
当日の記念品「お念珠、永平寺禅の街 幸屋のごま豆腐」先着100名様にプレゼントも早々に品切れし、慌てて別の記念品をご用意しました。



フードロス対策で賞味期限が2ケ月切った商品も好きなだけお持ち帰りいただき、豚汁100名分も午後1時には品切れ。
新規会員様も47名様にご入会いただきました。





当日はキッチンカーも出店。寄付をいただいた方に好きなだけお持ち帰りいただき、特に人気があったのが「お茶詰め放題」お昼まで15キログラムのお茶がなくなり、慌てて追加しました。終了まで20キログラムのお茶をつめていただき、お茶好きな御婦人様は大満足しているようでした。





皆様の善意で18万円以上の義援金をお預かりしました。もちろん私たちスタッフ全員寄付させていただきました。
東日本大震災を経験しているからこそできる善意。本当に地元の皆様は温かい心の持ち主だと痛感しました。
こちらの義援金は全額、加美町役場を通してすべて寄付させていただきます。
皆様ご協力本当にありがとうございました。
今後とも社会貢献に尽くし、本業に精進して参ります。

株式会社倖心 スタッフ一同


加美の葬儀屋さん日記

一昨日から急に真冬の景色になった加美町ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
昨日は会館前で久々に除雪機出動しました。
1号機は無難に稼働しましたが、飛ばすタイプの新型2号機は雪が重く全然使えずダメでした。

さて
弊社ごとですが、新会館 そう送館倖心別邸が完成しました。
引渡の次の日に地元のI様のご葬儀に利用していただきましたが、なかなか音響の操作や照明の操作がギクシャクして慣れていなく恥ずかしい限りです。



1月28日(日)に内覧会を開催いたします。時間は午前9時~午後2時まで。
当日は「永平寺禅の街 幸屋のごま豆腐」「お念珠」を先着100名様にプレゼント。

チャリティー募金として「お茶詰め放題」と「キッチンカー」クレープ、たこ焼き、焼きそばをご用意します。
売上はすべて令和6年能登半島地震の義援金としてすべて寄付させていただきます。



表の看板も頑張ってデカくしました (笑)
思い切ってプランも安心価格に設定しました。別邸プランは一番若い今野がすべてデザインを担当しオシャレな祭壇になっております。
いま現在、スタッフは仕事の合間、内覧会の準備をしております。
ご家族、ご近所お誘いの上ご来館ください。

令和6年新年のご挨拶

謹賀新年
旧年中はご愛好を賜り誠に有難うございました。

はじめに
能登半島地震と日航機事故で犠牲に見舞われた方へ心より御見舞い申し上げます。
不自由な生活を余儀なくされていることと存じますが、早く通常に戻りますようご祈念申し上げます。

波乱の年明けとなりましたが、地域の皆様のために心豊かな生活ができますようスタッフ一同精進して参ります。
本年も宜しくお願い申し上げます。

株式会社倖心
代表取締役 早坂 博幸
スタッフ一同