加美の葬儀屋さん日記

先ほど今年最後のお客様をお送りしました。
今年もいろんな別れがありました。また、多くのお客様と出会いがありました。
一年を振り返ると今年は知り合いや私含めスタッフの家族、友人のご葬儀が多く、辛い別れが多い年でした。
それだけ歳を重ねた証拠かもしれません。

いつもは大晦日はリセットの日、と言っておりますが、今年は来年に持ち越したご葬儀もあるため引きつづきお客様に寄り添いお世話をしたいと思っております。

皆様、今年も大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。合掌

来年はコロナに振り回されない年でありますよう祈念いたします。
良いお年をお迎えください。

株式会社倖心 代表取締役 早坂 博幸
スタッフ一同









加美の葬儀屋さん日記

こんにちは
私事ですが、9月に受験した
厚生労働省認定、葬祭ディレクター試験の結果を報告します。



無事に1級合格証書いただきました。
結果が出るまでの約2ケ月間、ドキドキでした。
先輩たちは一発合格していて、私は恥ずかしながら2回目の挑戦でしたが金プレートを手にし、とてもうれしいです。
業務が忙しく、2日前からの練習でしたが、夜遅くまで付き合ってくれた社長、常務には感謝です。
今までとは違い、名刺にも1級葬祭ディレクターの肩書が入るので、気を引き締めて業務に携わりたいと思います。

ほんと嬉しいです。
K,K

加美の葬儀屋さん日記

朝晩、めっきり寒くなり秋を通り越して冬が訪れそうなこの頃ですが、皆様お変わり御座いませんか?
先日、私の母が他界しました。
父が亡くなってから16年経ちますが、母は歩くことも困難になり施設に7年弱お世話になっておりました。
月に何度か母に会いに行ってましたが、この2年半の間はコロナの関係もあり、面会もできず外の窓越しから手を振るのが精いっぱいでした。
母の記憶がかけていく中、私と姉が手を振っても、誰か分からなくなっていたのかも知れません。
様子がおかしいと施設から連絡が入ったのが、他界する5日前でした。
施設のかたに「施設利用者が部屋に入ったあとなら近くに居ていいよ」と言われ、弊社の方々には迷惑をかけましたが、夕方早めに退社させてもらい、付き添いました。
亡くなった日は葬儀があり、社長には休んでいいと言われましたが、他に担当を持っていたため出社しました。
その日は施設に泊まろうと思い、着替えも用意してました。
葬儀開式15分前に姉から連絡が入り、社長に「早く行け!」と言われ急いで施設に向かいました。



姉、私と私の娘2人が見守る中、母は乾電池が切れるように静かに息を引き取りました。

母を一人にしてしまった後悔がこみ上げてきましたが、亡くなった後は精一杯恩返しをしたい一心で気持ちを切り替えました。
社長は私たちの気持ちを分かってくれて、大事なことしか打合せしませんでした。私の意向で、一旦自宅へ安置しましたが、夜中にエンバーミングセンターへ走り、そのまま処置が終わるまで待ち、すぐに自宅へ戻していただいたり、ゆっくり送りたいというワガママも聞いてくれて和尚さんに掛け合い、初七日の葬儀に持っていってくれたり、祭壇もオリジナルの会葬礼状も、ラストレタームービー、スライドショー、サプライズのバナースタンド、立派な御寝棺、高級仏衣まで用意してくれました。
葬儀社で働く私が言うのもおかしな話ですが、私の会社でできる最大限のフルコースメニューで母を送り出してくれました。弊社の社長とスタッフには大変感謝しております。ありがとうございました。

社長はもちろん母とも面識があり、いつもお茶をご馳走になって帰るときは必ずヤクルトをもらってきたと涙ぐんでました。社長から、娘の仕事の素晴らしさをお母さんに伝えるためにも精一杯お世話させていただきます。と言われた時には涙が止まりませんでした。

父の時の葬儀とは全く違う葬儀でした。
社長のお付き合いが大半だったと思いますが、各業者さん、同業の社長さんからも過分なる配慮を賜り厚く御礼申し上げます。
葬儀社の役員だからこれだけできるんだろうと思われるかもしれませんが、私は母の恩返しと思っていましたので、最大限の想いで送り出したいと思っていたことを社長は何も聞かず準備お世話してくれました。
改めて、社長のヒアリング力と家族の想いをくみ取る力に感動しました。
私もお客様へ今まで以上の気遣いと想いをくみ取れるように精進して参ります。
母のおかげで今までよりも良いご葬儀とお世話ができそうです。

最後に姉と話したこと
「社長にヤクルトとみかんをあげているだけでこんなに立派にしてくれるんだ!」
と大笑いをしました。
皆さん、弊社社長に会った際には「ヤクルト」ですよ!
AO





加美の葬儀屋さん日記

最近、梅雨が逆戻りしたような天気が続いておりますね。
一気に涼しくなりあっという間に秋が訪れそうです。
先日2日に葬祭ディレクター技能審査1級の試験を受けて参りました。
2級の試験は合格をいただいておりましたが、1級は実技試験が取れていなく、今回再挑戦です。
仕事が立て込んでおり、ろくに練習もできなかったのですが、社長には、各社のスタッフも業務の間に勉強し挑んでくるのだから条件はみんな同じだと言われました。社長は24年前、常務は7年前に一発合格しているので、今回二度目になる試験はプレッシャーでした。
試験日、2日前から社長、常務に夜遅くまで練習に付き合ってもらい、試験にいどみました。
自分では自信がありますが、結果が怖いです。
今年は受験者も少ないと社長に聞いておりましたが、コロナの影響か1回目の試験より本当に少なく感じました。

試験結果は10月半ばになるそうです。
1級の資格が取れれば私も自信がつきます。今後も気を引き締めて業務に専念したいと思います。
K.K

加美の葬儀屋さん日記

皆様、先日の豪雨は大丈夫でしたか?
加美町、大崎市もあらゆるところで被害があったようですが、今後とも地盤が緩んでいたり陥没している所があると思いますのでお気お付けください。

7月17日(日)に弊社会館の2周年大創業祭、お客様感謝祭を開催しました。



前日のどしゃ降りも嘘のように晴れましたが、避難勧告が出たり、通行止め箇所があったりで来場人数が心配でした。でもオープンの10時には多くのお客様にお越しいただきました。
やはり人気は「唐揚げ」100円税込。2,000ケ用意しましたが、すべてなくなりました。
その他、今年はタマゴ詰め放題をプレゼントしました。




私が練習でタマゴを袋に入れてみましたが、割るわ割れるわーで話にならんかったです。配達してくれたタマゴ会社のK取締役に「普通に詰め放題したらダメだよ」と注意を受けタマゴの代わりにゴムボールを詰めてもらうことにしました。ボールを詰めた分だけ差し上げました。
最高記録は宮崎のHHさん記録21ケ。平均15~16ケでした。
ちなみに私は22ケ詰めました(笑)
1,500ケ用意したタマゴも無事に無くなり今年も無事にお客様に感謝できたと思います。
その他ゲリラ的に行ったピザじゃんけん。弊社社長とじゃんけんに買ったら燦心花さん提供特製ピザをプレゼント。20名様がゲットし大変盛り上がりました。

高級仏衣と手元供養品も展示しました。


女性の方が関心を持ち足をとめていらっしゃいました。家族葬が増える中、お金をかけるところが様々で、私たちはいろんなご提案ができるよう常に社内で話し合っております。
私たちが生まれてきて入学式や卒業式、成人式に親に立派な衣装を着せてもらい成長してきました。
大事なひとを送るとき、同じように綺麗な衣装を着せて見送りしても良いのではないでしょうか
祭壇に予算をかけなくても、家族が望む立派な葬儀はできます。限られる予算の中でどこに比重をかけるかは人それぞれです。私たちはお客様の要望をかなえるため今後とも精進して参ります。今後とも遠慮なくご相談ください。

来年も7月にやりますので、もしよろしければお越しください。
お足元の悪い中、ご来館いただきまして誠にありがとうございました。
この度の水害で犠牲に見舞われた方へ謹んでお見舞い申し上げます。

代表
スタッフ一同


緊急伝言

【緊急伝言】
auが通信障害で夕べ夜中から通話ができない状態になっております。
弊社のスタッフ(私も含め)auの携帯を利用です。
回復のめどが立っていないらしいので、ご用の方は会社の固定電話へお願いします。
株式会社 倖心
0229-63-5040

加美の葬儀屋さん日記

最近、真夏のような日々が続き梅雨は何処へいったのか?
私は暑いのが苦手なのでこれからの数か月は憂鬱です。

先日、社長に連れられて横浜へ行ってきました。
フューネラルビジネス2022というイベントで、弊社社長が月間フューネラルの5月号に掲載されたため、朝一の新幹線で日帰りで連れて行ってもらいました。
前日、明日は古川駅に6時30分集合!の社長命令のもと日帰り研修がスタートしました。



私は新幹線は仙台までしか乗ったことがなく、しかもいつも立ったまま乗っているため、修学旅行に行くような気持ちでワクワクドキドキ(笑)
道中、キョロキョロしっぱなしで、社長に「職務質問」されっから冷静にしろ!と言われ他のスタッフは大爆笑しておりました。
会場へ着いてからは社長は各メーカーさんに捕まり見学どころではなく、私たちは自由行動です。
各社いろんな商品を展示しており、こんなに名刺交換をしたのも初めてで、だいぶ刺激になりました。
生意気ですが、これからの葬儀は今までと違い、いかに時代に従いついていけるか?お客様のニーズが数倍増える中、どのように対応していくか?
社長にいつも、「お客様の無理難題の要望は簡単に無理ですと言うな!」と言う意味が分かり考えさせられました。



イベント会場を後にし、みなとみらい周辺、赤レンガ倉庫を散策し、私がお台場へ行きたいと言うわがままで、ゆりかもめに乗って移動し、美味しいお肉をご馳走になりました。
一番の希望はダイバーシティー前の「ガンダム」を見たかったのですが、残念ながら時間がなく、拝見できませんでした。
社長は前日まで、お寺の晋山結制式の対応でクタクタだったはずなのに、ましてや道中、携帯がなるたびに対応に追われ楽しむことができなかったかもしれませんが、ありがたかったです。
新橋駅で社長に「ほんと新橋のサラリーマンに溶け込んでいるオッサンだな」と馬鹿にされましたが本当に楽しかったです。
またみんなで行けることを願って仕事に励みます。
社長、本当にありがとうございました。今度は泊りで行きたいです(笑)

スタッフ一同




加美の葬儀屋さん日記

もうとっくに梅雨入りしたのかと思っていたら、本日梅雨入りしたんですね。
先日、大変お世話になっている和尚様の「晋山結制式」(しんさんけっせいしき)という儀式を弊社でお世話させていただきました。
晋は進む。山はお寺の意味で、和尚様が新たにお寺の御住職になる儀式です。
新たに御住職と任命された和尚様は新命和尚と呼びます。

はじめに安下処(他所)から新しくお寺に入る形をとります。新命和尚の親元となる阿部様宅から身支度を整え、地元お檀家さんの稚児と旗や提灯を持った役員さんと一緒に行列を組み、打ち上げ花火と共にお寺の山門まで進みます。





稚児たちは出発1時間以上前から身支度に入っているため、飽き飽きしている様子で、頭飾りがズレてしまったり、衣装が着崩れしてしまったりでスタッフの方も大変そうでした。でも今回は泣く子もいなく、一番心配していた天気も晴れてなによりでした。
無事に山門へ到着。またまた打ち上げ花火と共に山門を進み晋山式のスタートです。





2日間にわたり儀式が執り行われます。話せば長くなりますので端折りますが、いつもは冗談話が好きな御住職も、さすがに真顔で話をかけるのも恐縮するくらいでしたが、無事に儀式を終えホッとしている様子でした。
このような大事な儀式を私どもがお手伝いできましたこと大変光栄です。またスキルアップできました。
滅多にない儀式ですし今回もいろいろと学ぶところが沢山ありました。一緒に準備を進めご指導を賜りました各御寺院の和尚様も大変お疲れさまでした。
御山繁栄と新命和尚、お檀家さんのご多幸を心よりご祈念いたします。
本当に貴重な時間、ありがとうございました。
合掌感謝




加美の葬儀屋さん日記

田植えも終盤ですかね
いままで業務も落ち着いておりましたが、田植えが終わると忙しくなるジンクスは今も健在です
今日は少しおちついておりました。お昼は社長の「まかない」をいただきました



焼肉丼です
ご飯の上にレタスを敷き、タレも何を入れているのか甘辛く、お肉も2種類炒めてくれて食欲が進む味でペロリと食べました。
個人的には社長が作ってくれるチャーハンが大好きです。
男飯さいこーです

季節の変わり目です。皆様体調管理、気をつけましょう。
ではまた
A

加美の葬儀屋さん日記

みなさんこんにちは!
桜も終わりかけて農作業が忙しくなってきている季節ですね。
今日はご葬儀でお世話になったお客様から山菜をいただきました
この時期になるとお客様から山菜が届きます。郡部ならではのとてもいいいただき物です。
私は山菜の中でも〝こごみ〟が一番好きで、鰹節をかけて醤油が一番おいしいですね。
今日は茹でてみんなでいただきたいと思います



Yさん
ごちそうさまです。

AO